埋没毛はどうしたらなくなるか?

MENU

埋没毛はどうしたらなくなるか?

埋没毛はどうしたらなくなるか?

埋没毛はどうしたらなくなるか?

毛を剃っても剃っても毛が残っているような感じがする・・毛穴に何か詰まっているように見える・・。それってもしかして、「埋没毛」ではないでしょうか?

 

「埋没毛」は間違ったムダ毛処理によりできてしまう、やっかいな現象です。今回は「埋没毛」とは何か?そして「埋没毛」をなくすためのヒントについてお話します。

 

「埋没毛」ってなに??

「埋没毛」とは、毛が皮膚のなかに埋まった状態のことを言います。毛の上から皮膚が新しく再生してしまうため、毛が出口を失い出てこれなくなってしまうのです。なぜこんな事が起こるのでしょうか?

 

毛抜きなどで毛を抜いた場合、毛の再生をする毛乳頭は毛穴の中に残り、見えている毛だけが抜ける場合が多いです。そのため、残った毛乳頭は再度毛を再生しようと頑張ります。

 

ですがこのとき、上の皮膚は毛抜きによるダメージをうけて傷ついた状態にあります。傷ついた皮膚は、その傷を治すために新しい皮膚を再生しようと頑張ります。そのために新しい皮膚が作られて、毛穴をふさいでしまうのです。このふたつの再生機能がぶつかり、埋没毛となってしまいます。

 

「埋没毛」はその皮膚の下で炎症を起こしてしまうこともあります。それが「毛包炎」です。「毛包炎」になるとなかなか治らず、赤実も強いので見た目も気になります。

 

皮膚科での処置が必要なまでに膿みをもってしまうこともあるので、できれば埋もれ毛や毛包炎は避けたいところです。

 

埋没毛はどうしたらなくなるのか?

では埋没毛はどうすればなくなるのでしょうか?できれば毛抜きのムダ毛処理をやめることです。毛抜きでの自己処理から埋没毛が発生することが一番多いので、毛抜きでの処理をやめるだけでもかなり発生率が減るでしょう。

 

またカミソリでも自己処理も、肌を傷つけ、その肌が再生使用とする際に埋没毛をつくる可能性もあります。できればかみそりも毛抜きも使わないのがおすすめです。では何でムダ毛処理をすれば良いのでしょう?

 

おすすめムダ毛処理方法。

おすすめは脱毛サロンでの脱毛です。脱毛サロンで脱毛するなら、毛穴へのダメージも肌へのダメージもなく、埋没毛の心配はなくなります。肌ダメージがないため、色素沈着や乾燥など、自己処理を続けているゆえのほかのお悩みも解決されます。

 

その結果自己処理している時よりも、そして素肌よりもキレイなお肌を手に入れることができるのです。脱毛処理が完了した毛穴は引き締まり、エステ後のような感覚を味わうことができます。

 

自己処理はダメージ、埋没毛のリスクを増す危険な方法です。早めに脱毛にチャレンジして、キレイな素肌で夏を迎えましょう!!

関連ページ

女性ホルモンを増やすと毛は薄くなるか?
毛深い人が多いと言われる男性ホルモン、それなら女性ホルモンを増やすともしかして…?ここでは、女性ホルモンを増やすと毛は本当に薄くなるのかとう問題について解説しています。
旅行前のムダ毛処理をどうしたらいいか?
これから旅行に行くことになったら、何が起こるかワクワクしますよね!でも、不意に肌を露出する機会があった時、ムダ毛があったら大変。そうならないための、ムダ毛処理をどうすべきかについて解説しています。
脱毛を考えている人がチェックしたい3つのこと
これから脱毛サロンで脱毛してみようかな?と思ったらこれをチェック!脱毛の施術を考え始めたときにまずチェックして欲しい3つのポイントについて解説しています。
永久的な効果を期待するなら医療脱毛がおすすめ
もう脱毛の処理なんてしたくない…脱毛処理にうんざりしているならこれ!永久脱毛効果を望んでいるならお勧めしたい医療脱毛についてわかり易く解説しています。
脇脱毛なら専門サロンがおすすめ
脇毛の処理って意外に難しいし、あとが見た目が汚くなったり、炎症を起こしがち!脱毛後の肌トラブルを避けるためにお勧めしたい専門サロンによる脱毛についてわかりやすく解説しています。